ディレクター職

サービス開発における方向性を決め、エンジニアやデザイナーのまとめ役となって開発を進める仕事です。企画・設計や開発チームのマネジメントだけでなく、マーケティング戦略やビジネス戦略を考えたり、サービスの方向性に関する意志決定に関わっていただきます。

id:nmy

ディレクター
2007年入社

サービスを色々な人と一緒に作っていく仕事

ディレクターは、はてなのサービスを、色々な人と一緒に作っていく仕事です。

一緒に作って行くメンバーとしてまず、はてなのユーザーさんがいます。新しい機能や、既存機能の改善、新しいサービスなどをリリースすると、ユーザーさんから多くのコメントやフィードバックを頂けることが多いです。色んなご意見を頂いて、自分の中で咀嚼して、次の改善に活かして行く。そういったフィードバックのループを繰り返して、サービスをより良く改善していくことが大事だと思っています。

そして、一緒に開発を進めて行く社内のチームメンバーです。はてなのスタッフは、アイデア溢れてる人が多いです。エンジニアでも、デザイナーでも、営業や編集やサポートの人でも、自分の考えを皆しっかり持っています。サービスの内容に責任を持つのはディレクターですが、アイデアの出所が自分である必要は全くないのです。チームメンバーの力や、皆から出て来るアイデアを最大限活かすこと、これも大事だと思っています。

id:moret

ディレクター
2012年入社

Webサービス開発のまとめ役

新卒としてはてなに入社し、ブログやブックマークのチームでのプランナーを経て、ディレクターを担当しています。はてなではこうした自社サービスの開発だけでなく、他社との共同開発を行うこともあります。小説投稿サイト「カクヨム」を開発した際はKADOKAWAさんと一緒にプロジェクトを進めました。KADOKAWAさんのサービス構想をもとに、これまでWebサービス開発・運営を行ってきたはてなが、具体的なアイデアや機能を提案していきました。コミュニケーションを重ね、方向性やコンセプトをすり合わせることで、小説や書籍編集という専門的なビジネス領域の中において、ユーザーを第一に考えたはてならしい自発的な開発を行うことができました。書籍化やメディアミックスまでも視野に入れた議論や開発を行えるのは、KADOKAWAさんとの協業ならではの経験でした。

ディレクターは開発メンバーや関係者とコミュニケーションを取り、開発をとりまとめることで、サービスを成長させる責任を持ちます。開発には苦労も伴いますが、リリースした機能がユーザーさんに届き、喜んでもらえるということが、ディレクターの醍醐味だと考えています。

ディレクターの仕事

各種サービスの企画・設計

はてなの各サービスの新機能や新サービスの企画や、サービス内容の設計を行い、プロデューサーや開発チームメンバーと共に開発を進めます。

開発チームのマネジメントと開発の進行

エンジニアやデザイナーなど、様々な職種から構成される開発チームをまとめ、社内の各部署とも連携してプロジェクトを進行します。

定性・定量の両面から現状分析

サービスを利用するユーザーの声や反応、KPIなどの各種数値、ユーザーテストの結果などからサービスの現状を分析し、課題や問題点を洗い出します。

社外折衝・調整

プロジェクトによっては、外部の企業と連携・タイアップをしたり、広告案件のクライアントと一緒にプロジェクトを進行していきます。

自分の強みを活かしながらのサービスディレクション

はてなのディレクターは個性的です。エンジニアからディレクターになった人、デザイナーから、編集者から、営業からなど、そのバックボーンは様々です。そのため固定された、決められたやり方というものがあまりありません。それぞれのディレクターが、自分の強みを活かしながら、サービスを開発・運用しています。そのため、自分の強みが最大限活かせる環境になっていると思います。

日々のサービス開発で、考えないといけないことは多岐にわたります。サービスを良くしてくために、1人のユーザーとしての視点で考えたり、事業としての側面から売上をどう上げていくか考えたり、開発を進めるチームをうまく進行していく方法を考えたり、新しいアイデアを考えたり。

そうした色々な課題や新しいチャレンジを、自分なりの方法で考えて、周りのメンバーと一緒に進めて行けるディレクターを求めています。

エントリーする
ご質問などお気軽にお問い合わせください